家の中で発生する水のトラブルの主な原因について

蛇口からの水のトラブルの原因と対策

家庭の中で発生する水のトラブルと言えば、蛇口からの水漏れではないでしょうか。この場合の水漏れは、蛇口 交換で改善できる場合も少なくありません。しかし、蛇口の種類や形状によっては、自力で交換できない場合があります。そんな時は無理をせず、業者に相談をしましょう。

■水漏れの原因

現在、家庭で使用されている蛇口は大きく分けて、シングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の2種類があります。シングルレバー混合水栓とはレバーを上下左右に動かすだけで水の調節が可能になるタイプであり、今、最も活用されている混合水栓です。一方、古くからあるハンドル混合水栓は、冷水、温水の2種類のハンドルがあり、それらのハンドルをひねるだけで水、もしくはお湯が出るタイプの水栓になります。
ちなみに、この2種類の混合水栓で発生する水漏れは、レバー周辺やハンドル周辺、蛇口の吐水口が多く、他にも蛇口のパイプの付け根、止水栓、蛇口の取り付け部分などでもよく起こります。
これらの水漏れの原因は、主にパッキン等の消耗品の劣化によるものです。水漏れが発生した場合、まずは水が漏れている箇所を確認しましょう。修理依頼を検討するのは、それからでも遅くありません。

■水漏れ修理に必要な道具

水漏れの原因は、ほとんどの場合、パッキンやバルブカートリッジを交換することで改善されます。まずは必要な工具と部品をそろえましょう。
パッキン、バルブカートリッジ交換に必要な工具は、水栓レンチほか、モンキーレンチ、プライヤー、精密ドライバー、ピンセットです。
新しいパッキン等必要な道具がそろったら、蛇口の修理にチャレンジしてみましょう。修理前に、止水栓を閉めることを忘れないことが重要です。

■まとめ
水のトラブルでもっとも多い蛇口からの水漏れ修理は、パッキン等の消耗品交換であればそう難しいものではありませんが、手に余るようであれば、業者に依頼することをおすすめします。