家の中で発生する水のトラブルの主な原因について

お風呂で起こる水のトラブルの原因と対策

最近はお風呂につからずシャワーのみで済ます方も増えていますが、お風呂の水漏れは気づきにくく、ふとしたことで気づく方も少なくありません。
お風呂で発生した水漏れは自分自身で解決できるものもありますが、給湯器との兼ね合いもあり、なかなかスムーズには運ばないトラブルもしばしば起こります。そんな時は、まず業者に相談をしましょう。

■原因と対策

お風呂で発生する水のトラブルで最も多いのが、パッキン等の部品の経年劣化による水漏れです。そのほか、パイプやホースの裂傷、ナットの緩み等が考えられます。お風呂にある蛇口には多くの部品が使用されているため、どこか一カ所でも劣化等があれば、水漏れの原因となります。
蛇口周辺から水が漏れている場合は、もしかすると自力で解決できる可能性があります。蛇口の中にあるパッキンやナット等を確認してみましょう。パッキンが劣化している場合、パッキンを外した時手に黒い色が付着します。それが交換の目安です。ナットが緩んでいる場合は閉めればOKです。外したものをすべて元通りにして、水漏れが発生しなければ、修理は完了です。

■シャワーヘッドからの水漏れだった場合

シャワーを利用する方が増えたからか、最近はシャワーヘッドやホースの部品の劣化が早くなる傾向にあります。通常、シャワーヘッドやホースからは水が漏れない構造になっていますが、経年劣化によって構造が機能しなくなると、水漏れが発生します。
この場合も、パッキンの交換やナットの緩みを改善することで解決できる場合があります。ただし、シャワーヘッドの構造を把握することは素人では難しいこともありますので、業者に相談する方が得策です。

■まとめ
お風呂の水のトラブルは気づきにくいものです。ぽたぽたと落ちる水漏れに気づいた時は、すぐさま水漏れの原因を突き止めましょう。自力解決が難しいと判断した時は、業者に相談することをおすすめします。