家の中で発生する水のトラブルの主な原因について

家庭内で起こる様々な水のトラブルの原因と対策

家の中で発生する水のトラブルの主な原因について


夜中に突然水漏れが発生した時、あなたならどうしますか。わたし達が住む家の中には、お風呂や洗面所、キッチン、トイレ等々、水を使用する場所は多く、水漏れが発生すると生活に支障をきたす場合も少なくありません。
ここではお風呂、洗面所、キッチン、洗濯機で起こる水のトラブルの原因、対策について、詳しくアドバイスをします。

■新しい蛇口からの水漏れは整備不良が原因

キッチンでたまった洗いものをしようと蛇口をひねったら、いきなり勢いよく水が噴き出してきて、着ている服がびしょぬれになってしまったという経験をしたことがある人もいるでしょう。水漏れは一般的にぽとぽとと流れるものだと思いがちですが、実は勢いよく噴き出す場合もしばしばあります。蛇口をひねれば水の噴き出しは止まりますが、そのままにはしておけません。
まずは、水が噴き出した原因を突き止めましょう。当たり前ですが、新築の家では水漏れは発生しにくく、新しく付け替えた蛇口でも、そうそう頻繁には水漏れ等のトラブルは発生しません。新築で水漏れが起きた場合や、新しいものに交換した後に水漏れがあった場合は、施行した業者に急いで連絡を取りましょう。この場合は、経年劣化ではなく、整備不良になりますので、保証期間中であればすべて無料で対応してくれます。連絡をする際は、保証期間、料金支払いの有無等、気になることを箇条書きにしたメモを片手に電話をかけることをおすすめします。

水のトラブルは経年劣化が主な原因
蛇口からの水漏れについて、いきなり水漏れをしたときは、ほとんどの場合部品の経年劣化が原因です。水漏れが発生するまでの期間は約10年と言われており、この10年が劣化の一つの目安になります。そのため10年近く使用している場合は、まずは部品の経年劣化を疑いましょう。
家を建ててから、または蛇口を取り換えてから10年を経過すると、蛇口の中にあるパッキン等の部品が消耗し、水漏れが発生しやすくなります。今お住まいの建物が10年を超えている場合は、注意が必要です。突然の水漏れ等のトラブルに見舞われないためにも、一度業者に相談をし、蛇口の点検を行ってみてはいかがでしょうか。

■止水栓からの水漏れの場合

水道の水漏れは蛇口からと決まっているわけではありません。蛇口本体の下、もしくは周辺に設置されている止水栓の接続部からも、水漏れする場合があります。止水栓から水漏れは発見しにくく、発見した時にはシンク下に水がたまり、シンクの床面を劣化させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。シンク下から水が漏れ出した時は、止水栓を止めるだけのケアでは改善されませんので、早めに業者に相談し、工事を依頼することをおすすめします。
ちなみに、この場合の原因は2つ考えられます。1つはナットの緩み、もう1つはパッキンの経年劣化です。ナットが緩むということはほぼありませんが、ごく稀に自然に緩み、その緩みからすき間ができることによって水が漏れる場合があります。しかしこの場合はナットを締めれば、元通りに使用することができます。
もう1つのパッキンの経年劣化については、やはり蛇口のパッキン同様、10年を目安に劣化しますので、早めの交換をおすすめします。

■まとめ
私たちが安心して生活をするためには、水は欠かせないものとなっています。トイレ、お風呂、キッチンは基本的な生活をするためにはなくてはならないものであり、半日使用できないだけでも、強いストレスを抱える人も少なくありません。
特に集合住宅の場合、たかが水漏れと放置してしまうと、それが近隣住民に対して大きな被害へと発展させてしまう結果になる可能性もあります。水道の蛇口、止水栓等、水漏れを発見した時は、早めに業者に相談し、工事を依頼しましょう。


新着情報news

2018年10月11日
ホームページを更新しました。